<< 秋のGOGH散歩はおもしろい! GOGHと秋の散歩道 >>

ダンディーへの道 その39

左ゴーグ
e0276872_232204.jpg



右ゴーグ
e0276872_2323697.jpg


仲間に優しい助言を頂きいつものプラッキング開始しました。
どんな助言・・・。
草抜け・晩飯抜け・おやじの頭抜けとまぁ~なんと最高の仲間なんです(笑)

久々にちゃんとステイの写真を撮って確認!
ダメだな~ダメだな~となるのですが、やっぱりちゃんとステイをさして客観視してみないといけないと改めて思いました。
犬のトリミングもそうなのですが、私は今までいろんなの事で肉眼ほど適当に見てるものはないと動画で確認したり写真で見たり、同じ物を何十回何百回も見るようにしています。
逆に写真や動画は生の物とはまったく違うので実物をしっかり見るのも大切だと。

よくサロンで鏡がありますよね。
鏡を透してみると客観視できるし手前後ろが見渡せるんですよね、いいなぁ~と思います。
でも家では無理;
場所と鏡がない。。。

写真で確認、確認(笑)

このレンガで写真もステイの躾をしていないゴーグを写真撮るために考えてやりはじめました。これなら一人でも写真が撮れます。
それでも、ちゃんとステイできないゴーグなんですけどね。
この写真撮るのかなり大変なんですよ;
撮ってるうちにせっかくコーミングしたコートがバラバラになるし、早く撮らないと嫌々ゴーグになるしです。
で、数枚の中でこれでも良い方なんです。
しっぽピーンとしてほしい、顎ひいてほしい、前足ちゃんと真っ直ぐ立って~となるのですがそんな芸当できないゴーグなのです。

今回の思ったこと
ただ抜く事は誰でも出来る!ってお里のブログで書かれていることがあります。
そう、その通り!だと私も思いました。
最初は抜く事も大変で、何時間もかけても抜けてないって事もありましたが時間をかければ出来ないことはない。
ただ抜くだけではダメに痛感させられてます。
ただ、抜く事は出来るで止まってる私はやっぱり素人。
これを少しずつ進歩してゴーグだけでもプロのような出来にしたいと思うのです。
欲張りなんです(笑)

ゴーグ以外のワイアを抜くのは全然無理ですね。
コートの上がりや質・量や筋肉骨格・年齢で1頭1頭違うので、まだまだ無理ですね。
いろんなワイアを仕上げれるのがプロなんですよね。
講習会でみなさん優しいので少し抜かしてくれるんですけど、ゴーグとの違いでビックリすることばかりなんです。トップノットのナポリちゃんなんて、私が抜いたら絶対ボロボロにしてしまいます。自信アリ(笑) 
ゴーグが納得できる仕上がりになった時、誰か私に最初から最後まで抜かしてくださいね~。
誰かお願いします!いつのことやら;


それと
前に一歩進みたい部分もありながらも、基本的なしつけをやり直している毎日でもあります。

テーブルマナーです;

パピーの時も毎日毎日テーブルにのせて練習しました。
ベンチに抱っこしてのせたら、絶対降りないまでなりました。
私が抱っこしてどこかにのせると、抱っこされて降ろすまでがしつけになってました。
パピーなので物の区別がつかないのでテーブルであろうとベンチであろうと流れは変えれませんでした(笑)
今は、テーブルと他の物区別がつくようになりましたが・・・(笑)
それにトップノットさんでもしっかりマナーを入れてもらってなのに最近ひどく嫌がる前足。
爪を怪我してからさらにひどいひどい。

私の中でトリミングの基本の基本はテーブルマナーだと思っています。
これがちゃんと出来てないと苦労します。
トップノットさんで一番初めに教えられたこと、トリミングは絶対一人で出来ないとダメって習いました。
どんなに嫌がる子でも他の人に犬を抑えてもらってトリミングなんてプロはしないですから。
男の人なら少々暴れても力負けしないですよね、でも女の人には犬に力負けします。
私、ゴーグのくびの力に負けます(笑)
犬がじっとしないとトリミングが3倍遅くなりますし犬に負担がかかるんです。

ちゃんとチョークをかけて、テーブルマナーのやり直し。
チョークは大切。(チョークのかけ方はちゃんとした人にならってくださいね。)
これをちゃんと覚えさせないといけないんです。
両手が使えないと、出来ないところはたくさんあります。
ドライなんてリードかけてないと出来ないですから。ドライヤーを持つ手がほしいから手が3本ほしいぐらいです(笑)
最近トップノットさんに通ってるレオイナのエエ子ちゃんなこと、この前講習会の時にゴーグ隣でトリミングしてるとアホにしか見えないですね(笑)
トップノットさんに通ってるワイアで始めは暴れてた子も大人しくトリミングされてます。やっぱりプロはその辺が違いますね。
基本の基本を度外視にしてたら後々困るという私の悪い例をみなさんマネしないでくださいね。
何歳でもテーブルマナーは入れれるそうなので、ゴーグも入れなおしです。


1歩進んで2歩下がるのゴーグのトリミングですがこのゴーグの写真を見て直す所がたくさん見えたので、まだまだ前にいけると確信できました。
本気の遊びはやっぱり楽しいです。



最後に
e0276872_523565.jpg
なんじゃ~このブサイクな犬は~(爆)
ゴーグパピー(7ヶ月)なのだ~!
頭サビエルまで抜かれてちょっと伸びたぐらい(笑)
犬のパピーって普通可愛いですよね。ゴーグ可愛くない(爆)
いつも、鼻くそ付けてるし~、スカスカのパピー毛、ほんま笑うしかないブサイク顔。
でもその時は可愛いと思ってたんですよ、ブサイク顔は思ってましたけど(笑)

この頃に比べたらダンディになったんじゃないでしょうか(笑)
e0276872_5424696.jpg
『オイラの子供時代、ブサイクとか言いなや~愛らしいとか個性あるとか大人の書き方あるやろ!それにしてもオイラこんなんやったんか~おもろい顔しとるな~がはは。 もうエエか写真?!』

ゴーグ、お疲れ様です(笑)



にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーフォックステリアへ
にほんブログ村
[PR]
by m-goghpon | 2013-09-26 06:26 | ダンディーへの道(トリミング)
<< 秋のGOGH散歩はおもしろい! GOGHと秋の散歩道 >>