<< SHURI&TINTIN(イラスト) ちょっとだけ、ダンディーへの道 >>

ダンディーへの道 その30

ダンディーの道も30回目。

10回毎になんじゃかんじゃブツブツ書いているので今回も書きたいと思います。


ちょうど2年前の12月に初めてトップノットさんにいきました。
その時初めてワイヤーフォックステリアのプラッキング見て説明を聞いて、なるほど~うんうん、なるほど~・・・・・、しかし、???だらけでした。

そんなド素人の飼い主も2年間ゴーグをプラッキングしてきて、分かった事もたくさんあるしまだまだ分らない事もたくさんでおもしろいは変わらず続けています。
いつもいつも、綺麗に出来ないからおもしろいんですよ~(笑)
いつになったら、綺麗に仕上げれるんでしょうか・・・あは;

最近は本当に楽になってきたのは確かです。
サボれるようになったと言った方が正しいのですが・・・。
ゴーグのコートがどれぐらいの早さで伸びてくるのか、どこをどれだけ抜いていれば維持できるのかとか、ここだけ綺麗に抜いていればとか、時間のある時に1時間ぐらい抜いて後は月に2回ぐらい全部触ればOK!になりました。

それまでは、おもしろくなかったらこれは出来ないな~と思いましたよ(笑)
月1回トップノットさんに行っても自分の時間、全部ゴーグの散髪にとられてましたからね。


分かったことの1つに自分でやる事の大切さがあります。

プラッキングをしている人達が思うことの1つに、何歳までプラッキングできるだろう?っていうのは話に絶対でてきますよね。
お里のワイアーは10歳で綺麗にプラッキングされているとブログで書いてありました。
10歳はいけるのかと思ったのを思い出します。

もちろん、ナポリパパとも話をしました。
結論、「いけるところまで」
このいけるところまでというのは、自分でやってる人とやってない人ではかなり違うのではないでしょうか?

私はプラッキングをしているワイアを見てこの犬を飼いたいと決めました。
そして、後からプラッキングをする事によって肌にいいとか分かったんです。
ずーっと、プラッキングを続けているワイアをシニアになってバリカンやはさみを使っての散髪になると肌への影響を凄く心配します。

今の若いイケイケの年齢のゴーグでもサロンでのプラッキングは疲れるみたいで家に帰ると爆睡です。
トップノットさんでは遊び時間もあるので散髪以外で疲れてるところもあるのですが(笑)
それでも、シニアになってからは自宅散髪のみになると思います。
8歳ぐらいからかな~・・・。
これぐらいの年齢になるとピカピカは望まないし、健康な肌とコートを重視する事のみでいいのではと思うのです。

去年までは8歳ぐらいからハサミとバリカンいれないといけないかなと思っていましたが、やっていくにつれて考えは変わってきました。

コートの上がりも遅くなると思いますし、ゴロンと寝転ばしてプラッキング、時間短縮して数日かけてならかなりの年齢でもいけそうな気がしますし、足腰が弱くなってきたらはさみやバリカンも入れながらプラッキング。
背中のコートなんて30分ぐらいで出来るし、今でもテーブルでゴロンと寝ながら抜いてる時あります。テーブルマナーとしてはダメなんだろうけど、寝てていいよ~ってやってます(笑)ゴーグも気持ち良さそうに寝てますよ。

この前のトップノットさんでの講習でもアッサムが寝ながらママが抜いてました。
私が触るとアッサム起きちゃいました;
アッサムは8歳。飼い主さんだと安心でお休みしながらプラッキング、これでいいのだと思います。
ナポリパパも何も言わないですよ(笑)

シニアになっても自分でやっていれば今みたいに時間かけて出来ないですけど、肌に影響しないお手入れが出来ると思っています。 

プラッキングしているワイアを飼ってる人に会うと私は言います。
「自分でもした方がいいですよ、おもしろいですよ。」ってそれだけです。

一番の理由はこの【いけるところまで】が違うからなんです。
でも人それぞれ考え方も違うし時間の使い方も違うので人は人と思っています。
私自身マイペース人間ですから(笑)
ゴーグもマイワールド犬ですから(笑)

10歳超えてもプラッキングやってるよって言いたいですね。
こればっかりは、その年齢にならないと分からないのですが・・・。

ちょっとブレイク
3日前正月に向けて綺麗な状態にしたいのでがっつりプラッキング
e0276872_7182938.jpg
e0276872_718464.jpg
相変わらずちゃんと立ってくれません;
こうやってレンガでなんとか足を引かして立たせてるのですが。
髭があっちこっちに散らばっていますが、顔の作り少しかえました。
ダンディーだろう?(爆)

でも正面から見ると・・・
e0276872_7293215.jpg
シブさがない、ぷぷぷう~ホケホケ顔(笑)

後何回か抜けば、今年のプラッキングも終わりです。

ゴーグのコートもかなり出来てきたと思います。
コートを作ることに拘ってやってきた2年間でした。
お手入れの仕方は習う人によって違うこともありますよね、レイキングをするしないとかお風呂に入れる入れないとか、などなど、それぞれやり方によってすこしずつ違ったコートの出来上がりになると思います。
ゴーグのコートにはしっかりアンダーコートが付いています。
やっと、アンダー3オーバー7ぐらいになったのはないでしょうか。
このコートが層になると黒々とピカピカ光る時が一番綺麗だな~と思うんです。
シングルコートの犬でないのでアンダーがあります。
単色のブラックの犬種には光沢な黒には負けるしシングルコートのブラックには負けます。

でも、この前もみじを見たときにこれだ~!!!と思いました。
e0276872_7512880.jpg
青空に真っ赤な紅葉。
一枚一枚見ればさほど真っ赤ではないのに、太陽に照らされ何枚もの葉が重なって真っ赤に光ってるんです。 
これが自然な赤だと実感したんです。

ゴーグのコートはこれを目指せばいいんだ!と紅葉を見ながら思いました。
紅葉見ながら何を考えてるんだ私は・・・アホや~!とも思いました(笑)

黒だけでなく、自然な白や茶の美しさ、色が交わるグラデーションの美しさを楽しみたいです。

コート作りは色々悩みましたが、これからもこれが正解だと思わずに色々試したいとも思います。
ゴーグの体系も幅がでてきて、コートもだいぶ出来てきました。
3歳からが本当にカッコいいワイアになってくるんですね。
今までは準備期間。
これから本当のダンディー目指せそうです。

来年からはもっと形作りにも拘っていきたいと思います。



ダンディーの道が30回も書いてたなんて・・・。読んでる人余りいないと思っていたのですが最近よく見てたとかコメントをいただいて困ってしまうのですが、なぜならプラッキングの参考にはならない日記なんですよね~。
私がプラッキングをサボらないための日記でゴーグのコート確認の為
ド素人が奮闘するさまを日記に書いてるだけなんですよね。
参考にしようと思ってる方はごめんなさい;

プロのブログの方が参考になります。絶対!

ブログ始めた頃はプラッキングの日記書いてる人も少なかったのですが最近多くなってきて勝手に仲間増えてきたと思っています(笑)

今回はプラッキングのいけるところまでの考えを素人なりに書いてみました。

長々と書いた日記読んでくれた方ありがとうございました!!!



ダンディーへの道 その10
ダンディ犬 レベル2
ホケホケ犬 レベル8

ダンディーへの道 その20
ダンディ犬 レベル4
ホケホケ犬 レベル3
天然ボケ度 レベル5

ダンディーへの道 その30
ダンディ犬 レベル6
ホケホケ犬 レベル2
天然ボケ度 レベル5
おもろ犬  レベル3


にほんブログ村
[PR]
by m-goghpon | 2012-12-20 09:11 | ダンディーへの道(トリミング)
<< SHURI&TINTIN(イラスト) ちょっとだけ、ダンディーへの道 >>